ベビ待ち中の心構え

 

 

 

ベビ待ち中の心構えについて

ここでは、ベビ待ち中の心構えについて詳しく説明していきます。

 

どのような心構えをしていかなければならないのか、しっかりと把握しましょう。


なるべくお酒を飲まないようにしよう

妊娠中や授乳中はお酒を飲まない方が良いと言われておりますが、ベビ待ち中も同じように飲酒をしない方が良いと思われます。

 

ワインを飲み、この中に含まれているポリフェノールによって妊娠しやすくなったという方はいらっしゃいますし、お酒の種類や度数によって異なるので一概には言えませんが、基本的には胎児にとって良くないと言われているのです。

 

妊娠が発覚する前であれば大きな心配をする必要はありませんが、仮に妊娠中にお酒を飲み続けたという場合、お腹の中の赤ちゃんの成長を妨げる胎児性アルコール症候群にかかる可能性があります。

 

ベビ待ち状態になってスパっとやめるのは非常に難しいので、できる限りいつでもコントロールできる習慣を身に付けておくのが、ベビ待ち中の大事な心構えです。


タバコを吸わないようにしよう

ベビ待ちが長いという方は、妊娠が発覚してから禁煙を行えば良いと考え、タバコを吸い続けているという方がいらっしゃいますが、ベビ待ち中であってもタバコはやめるべきです。

 

これは皆さんもご存知かもしれませんが、タバコは身体にとって百害あって一利なしで、中に含まれている化学物質によって胎児に何らかの悪影響が引き起こされる可能性があります。

 

女性の場合、健康志向が強いという方が多いので禁煙を心に決めることができるかもしれませんが、男性は女性と比べるとその意識が低いことが多いのです。

 

しかし、妊娠を夫婦で目指していくのであれば、夫も禁煙をするといったように妻に協力しなければならないのではないでしょうか。


ストレスを溜め込まないようにしよう

これはベビ待ち中で一番大事な心構えかもしれませんが、なるべくストレスを溜め込まないように日常生活に注意する必要があります。

 

ストレスが身体に及ぼす影響は非常に大きく、女性の身体は些細なことでホルモンバランスが崩れてしまう傾向にあるので、妊娠しづらい身体になってしまうのです。

 

人間として生活をしている以上、ストレスを全く感じないという生活を送ることはできませんが、ストレスを溜め込むと様々な弊害が引き起こされるので、ベビ待ち中の女性はウォーキングなどの軽い運動を行ったり、たまには赤ちゃんを作るということを忘れて趣味に没頭しリフレッシュするのが良いでしょう。

 

 


「その他」についてのページ